plus coffee’s diary

カフェ開業に向けた奮闘記

CAFERES JAPAN 2021に行ってみました

6/11(金)はCAFERES JAPAN 2021に行ってみました。私としてはコーヒー関係で初めての展示会参加とあり、かなり前からそわそわしつつも楽しみにしていました。とはいっても、大きな目的もなく、何か面白いことないかなといったアバウトな感じでの参加でしたが、得られた情報の一部を簡単にご紹介します。

f:id:plus-coffee:20210615024854j:plain

まず1つ目は生豆を販売している「生豆本舗」と「セラード珈琲」が出展していました。それぞれ1kgからの小分け販売をしていて(セラード珈琲の場合は小分け専門会社マドゥーラが販売)、セラード珈琲の場合は扱っている生豆のほとんどがスペシャルティコーヒーということ。ちょうどスペシャルティコーヒーの小分け販売をしてくれるところを現在購入している業者とは別に探したいなと思っていたところだったのでちょうど良かったです。CAFERESから帰ってきてさっそく会員登録してみました。どれか試しに買ってみようかな。

2つ目はUCCコーヒープロフェッショナル株式会社の営業の人に話かけてもらえたことです。ラッキーコーヒーマシンのブースでボーッとエスプレッソマシンなどを眺めていたときに声をかけてもらったのですが、開業までにいろいろなお手伝いをしてもらえそうとのこと。そこまで詳しく話を聞いたわけではないですが、実店舗開店に向けての店舗設計や設備・備品の提案等、全くノウハウを持っていない部分をサポートしてもらえるかも、と。後日もう少し詳しく聞いてみたところ、こちらからの要望ベースで店舗開店、運営に必要なものを卸してもらえる感じでした、ちょっと残念。。

最後にセミナーが無料で受講できたことです。受講したのは、「美味しいコーヒーの定義と作り方を徹底解説」というのと「平均売上成長率354%!食品ECを成功に導く販売戦略と顧客サービスとは?」の2つです。前者は6種類のコーヒー豆を入り具合3パターン+2カップの合計20カップをカッピングから始まり、その中から3種類選んで席が同じグループの人とブレンド豆を作ってみようというものでした。正直セミナー名とは異なる内容な気がしないでもなかったですが、同じ席に座った5人で色々と話をしながらブレンドを作るという工程が楽しかったです。ナチュラル感を多少出しつつ、ボディ感があるコーヒーを作ってみたかったんですがナチュラル感が打ち消されるという体験も新鮮でした。ブレンドは初めての経験でしたが難しそうですね。

f:id:plus-coffee:20210615024928j:plain

他にも色々と見て回りましたが特に印象に残った・有益な情報だったのは上記でした。朝一からの参加で、途中のセミナーで20カップ以上を飲んだり、エスプレッソなど色々試飲したこともあり帰るときにはコーヒー飲み過ぎでぐったりでした。。飲み過ぎは良くないですね、、というのも得られた初めての展示会参加でした。