plus coffee’s diary

カフェ開業に向けた奮闘記

焙煎機DISCOVERY到着!初焙煎も部屋中匂いが充満してダクトを設置

待ちに待ったDISCOVERYがついに自宅に到着!どでかい段ボール箱に詰まった状態で普通に宅急便で届きました。段ボール箱上の封筒はロースティングコンパスですね。

f:id:plus-coffee:20210207034905j:plain

平日の仕事が終わった後の21時過ぎでしたが、居てもたってもいられず開封!重いので玄関に段ボールを置いたまま開けてみると、、

f:id:plus-coffee:20210207035539j:plain

おーー、ピカピカ、超キレイです!(当たり前か)まずは部品ごとに取り出し、設置場所まで移動〜

f:id:plus-coffee:20210207035911j:plain

f:id:plus-coffee:20210207035703j:plain

そして説明書に従って組み立てること1時間ちょっとで完成です!!! レコールバンタンで何度か焙煎して触っていたこともあって特に迷うこともなかったです。

f:id:plus-coffee:20210207040016j:plain

この日は遅くなってしまったので流石に焙煎はあきらめ。。

そして、その週の週末に初焙煎!! 事前に用意しておいた焙煎プロファイルでまずは2回ほど焙煎を行いましたが、見た目はいい感じに焼き上がりました。後のカッピングによる確認では嫌な苦味が強く、これから色々パラメータをいじりながら自分の目指す味に近づけていきたいですが、まずは慣れるところからですね。

f:id:plus-coffee:20210207040337j:plain

そしてこの初焙煎で気になってしまったのは焼き上がった豆の仕上がりというよりも部屋に充満した匂いでした。もともとDiscoveryで煙はほとんど出ないから煙突設置は不要ということでしたが、部屋がうっすら煙っている感じに。

家族にも不評で、換気扇まで煙を届けるようDISCOVERYの排気口にダクトを取り付けるべくさっそく発注してみました。発注したのは直径150mmで2mのダクトホース(ベストセラー1位というのに惹かれ)。さっそくDISCOVERYの排気口に取り付けてみましたが150mmはデカすぎて隙間空きすぎ。そしてダクトホースも物凄く重く、とても換気扇まで持ち上げ、テープなどで止めるのが厳しかったのでボツ。

今度はもうちょっと直径が小さく軽いものを、ということで、直径75mmのアルミのフレキシブルダクトというものを発注。届いたら思ったよりも細く、恐る恐るDISCOVERYの排気口に取り付けてみるとなんとピッタリ!そして超軽い!アルミテープでDISCOVERYの排気口と換気扇口を貼り付け無事煙の通路が出来上がりました!

f:id:plus-coffee:20210213025107j:plain

そして、焙煎してみると、、 多少匂いはするものの、部屋に煙で充満することもなく問題解決! さて、これで心置きなく焙煎練習ができるぞっと、暇さえあれば焙煎練習に勤しんでいます。