plus coffee’s diary

カフェ開業に向けた奮闘記

コーヒーの味覚を捉えるためのひと工夫について

ほぼ毎日ブラインドでのコーヒー銘柄当てや週1〜2回の焙煎後のカッピングをやってはいますが、味を取れてないなと感じることがたびたびあるので、レベルアップのためのヒントが得られないかなとUCCアカデミーの『2021年コーヒーマイスター利き珈琲王』が贈るコーヒーの味覚の世界!というセミナーに参加してみました。

講師は2021年SCAJ開催の利き珈琲選手権優勝の苅込さんで、5つのコーヒー産地ごとに2〜3種類のコーヒーを、品質の違い(スペシャルティかコマーシャルか)、精製方法の違いをブラインドで試飲してみてどう違うのか感じとってみようというものでした。

f:id:plus-coffee:20220316092328j:plain

スペシャルティかコマーシャルかの違いはだいたい分かりましたが、ナチュラル系かそうでないかなど一部怪しかったところも。。もっと色んなコーヒーを飲んでみた方がいいなと改めて感じました。

セミナー自体は試飲して答え合わせの繰り返しという感じでしたが、質問コーナーでは苅込さんがカッピングとかでフレーバー等をより捉えやすくするためにやっていることの紹介がありました。それは、コーヒーを口に含んだ後、舌でコーヒーを上顎に当てているというもの。これをやることでさらに鼻腔にコーヒーを到達させてフレーバーを捉やすくしているということで、他の人でもこの方法をとっている方もいるんだとか。

実際自分でやってみてもなかなか難しくてできているかも怪しい感じですが、これはちょっと意識して取り組んでみようかなと思います。

結構なコーヒーを飲んだ後でしたが、セミナーが終わったその足で、浜町に新しくできたCome to Life espressoというお店に行ってみました。

f:id:plus-coffee:20220316092519j:plain

このお店は1年半くらい前に通ったレコールバンタンの同級生が2店目としてオープンしたところで、ちょうどこの日このお店に来ているとのことで遊びに行ってみました。

店内は天国をイメージしたという感じで落ち着ける空間で、カフェラテを注文しましたが強い苦味はなく後味スッキリで甘みたっぷりな非常に美味しいものでした。

会うのはバンタン以来でしたが色々話もでき、道は多少違えど自分も頑張らねばと刺激をたっぷりもらえました!焙煎頑張るぞ!