plus coffee’s diary

カフェ開業に向けた奮闘記

コーヒ豆販売のために食品衛生責任者養成講習会を受講してきました

神奈川県で食品衛生責任者養成講習会を受講してきました!賞状的なのがもらえるかと思っていましたが、神奈川県の場合は食品衛生責任者手帳の発行でした。

f:id:plus-coffee:20210712012936j:plain

10:00〜17:00の間お昼休み1時間を挟んだ6時間の講習で、内容としては
 ・公衆衛生学 1時間
 ・衛生法規  2時間
 ・食品衛生学 3時間
という内容でした。

全工程においてテキストに沿った講師の方の説明を聞くだけの座学で、終わった後のテストもありませんでした。とはいえ、説明される内容から食品販売をするにあたっての注意事項等が続き、こういったことを個人で対応していかなくてはと気が引き締まりました。

さて、以前にブログでも書きましたが、改めて開業の際に必要な際の届出、申請を整理してみました。

①コーヒー焙煎豆販売(店舗/オンラインいずれの場合も)
 ・「コーヒー製造業」の営業届出
②店舗でのテイクアウト販売でのコーヒードリンク提供
 ・「飲食店営業」の許可申請

まず①の場合でも今年の6/1より管轄の保健所に届出が必要になったようです。この届出には食品衛生責任者を指定する必要があり、責任者になるためには今回の食品衛生責任者養成講習会の受講が必要になります。なお、この届出は食品衛生申請等システムでのオンライン提出が可能なようなので、後日ネットショップの準備が整いだしたタイミングで対応しようかと思います。

そして②を行うにあたっては別途許可申請が必要となりますが、その場合でも焙煎したコーヒー豆販売をするには①の届出は必要となるようで、今回早めのタイミングで食品衛生責任者養成講習会を受講できてよかったかな、と思います。ネットショップ開設に向けてもまだまだやることはいっぱいありますが、まずは商品として提供できるレベル・自分の納得いくレベルの焙煎スキルを磨きたいと思います。