plus coffee’s diary

カフェ開業に向けた奮闘記

コロナ/非常事態宣言でコーヒーセミナー中止が相次いだ期間でした

2月、3月とレコールバンタンの開講前プレレッスンに参加しつつ、4月からの開講を楽しみに待っていたのですが、ご存知の通りコロナが流行りつつある状況で色々と残念な方向に動いていた時期でした。

まず、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)の初級カッピングセミナーが3月末に行われるのを見つけ、2月初旬の申し込み開始後即座にエントリー!

申し込みにあたっては、非会員が参加費22,000円のところ、SCAJ会員が16,500円と会員が5,500円もお得になるというのもあり、せっかくならコーヒーマイスター試験も取得してみようかという思いも湧き出てきたためSCAJ会員になりました。

f:id:plus-coffee:20201126021801j:plain

個人の場合、SCAJ会員の区分としては年会費30,000円のA会員に、起業予定で一年限定の年会費20,000円のB会員、そしてコーヒーマイスター養成講座がキャンセル待ちからの申込みしかできない年会費10,000円のC会員の3つがあり、私はちょっと考えた末にC会員になりました。

コーヒーマイスター試験受講のためには、必ず受講できるB会員にしようかなとも思いましたが、ネットを検索しているとC会員でも受講できたようなコメントをいくつか見つけたためです。

そんなSCAJ会員になったにも関わらず、コロナの影響で2月末の時点で早々と中止の通達がありました。SCAJのカッピングセミナーは色々なところで行った方がいいと聞いていただけにかなり残念。。

そして、3月中旬のコーヒーマイスター試験の申し込みも申し込み開始直後にエントリーをするという気合を見せますが、その1週間後に延期のメールが。。

ただ、C会員でキャンセル待ちからの申し込みでしたが、その延期メールに当選していたという嬉しいお知らせも含まれていました。申し込み開始直後のエントリーが良かったのか、コロナの影響で参加者が少なかったのか、それとも通常でも定員に達することがないのか不明ですが、C会員での入会作戦がうまくいって一安心ではありますが。

その他、いろんなところで開催されていたコーヒーセミナーも軒並み中止となり。。

極め付けは、4月授業開始予定だったレコールバンタンについても、5月上旬以降の授業開始に延期になるという連絡が4月頭にありました。

こんな感じで3月下旬から5月上旬にかけては何も動けない状態になってしまいました。非常事態宣言が出て会社もリモートワークが始まったりと今までにない世の中になっていましたが、止まない雨はない、収束しないコロナはないと、できることはやっておこうと年始から始めている自宅でのブラインドテースティングだけは欠かさず続けた期間でした。