plus coffee’s diary

カフェ開業に向けた奮闘記

レコールバンタンへの資料請求や開業支援してくれるコーヒー豆店にコンタクト

カッピングの数をこなそうと意気込んだ1ヶ月でしたが、堀口珈琲のテースティング初級セミナーと丸山珈琲のカッピング体験の2回に終わってしまいました。なかなか自分のスキル・都合にあったカッピングセミナーが開催されていないという感じでこうなっていまいましたが、こんな状況を打破するにはもう専門学校みたいなところで集中的に学んだ方がいいかなと思い調べてみることに。

 

社会人向けコースもあるレコールバンタン

コーヒーについて教えてくれる専門学校的なところはなかなか見つかりませんでしたが、まともそうなところでは「レコールバンタン」が見つかりました。

f:id:plus-coffee:20200928012001j:plain

レコールバンタンでは、キャリアカレッジという社会人向けのコースが設けられていて、日曜日に週1回、3ヶ月か6ヶ月間焙煎とハンドドリップが学べる「ロースト&ブリュー」コースがあるようです。ホームページをくまなく見ても金額に関することがどこにも書いていないこともあり、ひとまず資料請求をしてみました。

すると、その日のうちに携帯に電話があり、コースの内容など細かいことを確認させてもらえる個別相談会の案内があり、2週間後の会社帰りに1時間程度話を聞いてみることに。

また、電話があった2,3日後には自宅に資料が届きました。学費や入学金などもろもろ込みで3ヶ月コースで30万円くらい、6ヶ月コースで50万円くらいかかりそうというのが分かりました。授業内容の詳細が分からないというのもありますが、これまでのセミナー等々に比べてかかる費用の桁が全然違うのでこの時点では正直厳しいかな、とは感じていました。とはいえ、個別相談会でいろいろ聞いてみてからかなと一旦検討を保留。

 

他にもコーヒー豆販売店の開業支援・焙煎指導

その後も他にいいところはないかな、他の自家焙煎コーヒー豆販売のお店はどうやって開業までの勉強をしたんだろうと色々調べていたところ、開業支援をしてくれるコーヒー豆店で勉強した、そこはコーヒー豆店の開業支援では鉄板と言われていてる、という記事を見つけました。でもそのお店の情報が書いてない。。

その日はなんとか開業支援をしてくれるというお店を探そうとずっとgoogle検索してましたが、その甲斐もあって見つけました!でも55万円。。レコールバンタンより高いなぁ。。 とはいえ、焙煎指導も含め開業するまでずっと面倒を見てくれるようで、そう考えるとコストパフォーマンスはいいのでは、とも。さっそくホームページから疑問点等を投げてみるとすぐに回答があり、翌日会って色々お話を聞いてみることになりました。こう物事がスムーズに進むと気持ちがいいと言うか、ワクワクしてきますね。

他にも、自宅からそれほど離れていないところで焙煎を教えてくれるところも見つけメールで何度かやりとりしてみましたが、ちょっと自分の置かれている環境と合わないかなということで脱落。そこも基本から焙煎理論、カッピングをみっちりやる感じのようでしたが、14回で50万円。14回と言うと、1回/週と考えれば大体3-4ヶ月で、金額だけ見るとちょっと高めな感じがしますが、どこもこのくらいの金額はかかるのかもしれませんね。

あと、カフェバッハにもホームページに記載のメールアドレスにいきなり相談メールを投げてみましたがこちらは返信なし。。ちょっとそういう対応にがっかり。

ということで、どこもそれなりの金額が必要になりそうですが、2箇所をひとまず候補としてそれぞれ話を聞いてみて、それからどうするかを判断しようということにしました。